東京都中央区銀座3-2-11 GINZA SALONE 3F
WEB問診票
MENU

ブログ

Blog

リウマチ科

関節リウマチは、30代から50代に発症することが多く、早い方では20代で発症する方もいらっしゃいます。 女性が多い疾患ではありますが、男性にも発症します。
早期発見、早期治療により、進行が抑えられることがありますので早めが肝心です。そのため、朝起きた時に手がこわばる、あちらこちらの関節が腫れて痛い、からだの節々が痛いということがありましたら、関節リウマチかもしれませんのでご相談ください...

続きを読む

骨粗鬆症外来

 50歳前後より骨量が減少し、50代以上の3人に1人は骨粗しょう症と言われております。
 20代から40代後半までは骨量が変化しないため、その頃に一度測定をし、その後の減少状態を見ておくと良いとされています。
当院では骨量を画像で測定するとともに採血をし、骨が壊されてきているのか(骨吸収↑)、骨の形成が低下しているのか判断し、それにより治療が必要な際にはそれに適した治療(...

続きを読む

PRP-FD注射

『PRP-FD注射』=手術をしないで膝関節痛を治療する、ご自身の血液で作る新しい再生医療治療です。   ・膝関節痛がある方(立ち上がりや階段の上り下りが辛い、不安な感じがする) ・ヒアルロン酸関節内注射を何度も行っている方 ・変形性膝関節症と診断を受けた方 ・サプリメントを毎日飲んでケアしている方 上記のような方に適応です。自由診療になります。(保険適応外) *当院ではPRP-FD注射に...

続きを読む

女性の方へ

当院では女性に起こりやすい整形外科疾患を各ステージにおいて治療していきます 【出産前後、30代後半、40代、】 ・ホルモンの変動による関節痛、腫脹、手指のこわばり感、引っ掛かり感を感じる➡︎リウマチなどとの鑑別診断(レントゲン、採血)を行い、結果により内服、外用剤、注射、物理療法、理学療法などを施行。リウマチの場合、リウマチ内科医と連携し治療方針を決めていきます。   【...

続きを読む

働く方へ

当院では働く方が起こりやすい症状に対しても治療をしていきます。また、骨折の治療も勤務地近くでできるように対応致します。 ・足の治療 ・働いている方の下肢の浮腫み、足の裏の痛み、足底筋膜炎の治療➡︎内服、外用、注射、物理療法、理学療法など。 ・足部変形→上記治療の他、オーダーメイドのインソール(足部に問題がある場合、保険適応) ・爪のケア➡︎自由診療による巻き爪矯正 四...

続きを読む

リハビリテーション科

リハビリテーションでは患部の痛みを軽減したり、血流を良くする機械を使用したものや、セラピストによるマッサージ、関節可動域訓練や筋力トレーニング、バランス訓練などの物理療法と理学療法があります。当院では骨粗しょう症リハビリや、骨折後のリハビリ、状態を拝見してオーダーメイドの装具やインソール作成も行っております。   ...

続きを読む

整形外科全般

整形外科とは、切り傷、打撲、擦過傷、捻挫、骨折、スポーツなどの外傷や手足の関節痛、こわばり、違和感、しびれ、足底部痛、膝関節痛、股関節痛、臀部痛、肩こり、四十肩、腰痛、下肢痛、骨粗鬆症やリウマチ、痛風などを診る科です。

...

続きを読む

スポーツ整形外科

スポーツ外傷には様々なものがあります。当院ではなるべく速やかにスポーツ活動が可能になるように心がけます。 (診断)問診、身体所見、レントゲンチェック、MRI、超音波(エコー)などにて診断。 (治療)骨折に対しては受傷直後から治癒期に渡りトータルで治療致します。 骨折受傷時→アイシングや整復、固定
固定後→経過をレントゲンで見つつ、骨折癒合を4割ほど早める超音波骨折治療器での治療にて早期...

続きを読む

痛風

尿酸値が高く、時に痛風発作にて足部、母趾、足関節などが痛んだり赤みが出たり熱をもちます。 (診断)問診、身体所見、レントゲンチェック、採血などを施行します。 (治療)内服、外用剤などを処方し、採血により経過をみていきます。 ...

続きを読む

背中の曲がり、身長が縮んだ、背部痛、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

女性が更年期を迎えると女性ホルモン(エストロゲン)の分泌バランスに変化が起こりはじめ、閉経を迎える50歳前後には骨量が急激に減少していきます。骨粗しょう症が進んでくると、背中が曲がってきたり、身長が低くなってきたなどを感じることがあります。背部痛や、胃の圧迫により食事がとれなくなるといったことも人により起こります。 (診断)問診、身体所見、レントゲンチェック、画像による骨密度検査と採血により、骨吸...

続きを読む

1 2 3

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ